CALENDER
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ビルを建てても生計立たず/プネの工事労働者
右肩上がりの経済成長を続けるインドですが、ここプネの工事現場で働く人たちはその恩恵を受けていないようです。

National Centre for Advocacy Studies と the Bandhkam Mazdur Sabna (BMS) は共同で、プネの工事労働者に対する調査を行いました。これはプネ市の4つのエリア(Aundh, Ramnagar, Sus Road, Kothrud)の43の工事現場で200人の労働者に聞き取りをしたものです。このうち男性は136人は、女性は64人でした。

まず給料については、1998年当時では技術のない労働者には一日60ルピー(約180円)から120ルピー(360円)でした。 これが、2001年になると、60ルピーから100ルピーに、そして現在では、だいたい一日90ルピーにまで減少しています。女性では最低35ルピーということでした。

また回答した人のうち50%は遅刻したり、仕事でミスをしたりして給料が減らされたことがあると答えています。

多くの労働者はプネの外からの移民で、その92%は家族全員で移ってきています。そしてその200人のうち子どもを学校に通わせているのは48人。親自身、40%の人が経済的事情により学校を中退したと答え、60%は字の読み書きができないということです。子どもは学校に行かず、工事現場の近くに住んでいるため、子どもたちの安全面も懸念されています。

また遠くから移ってきても、15%の人は年に一度故郷の村へ帰る許可さえ得られないと答えています。

BMSによれば、1976年の平等報酬法、1948年の最低賃金法などは定められていますが、プネの工事労働者に対してはまったく無視されているとのことです。

【Time of India】

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。



社会ニュース | 00:01:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。