CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
プネの40%の人がスラムに/1991年から176%増加
プネは「ITの町」、「教育の町」として名を馳せていますが、同時に「スラムの町」としてもその名が知れています。

プネには140万人、町の40%にあたる人がスラムに住んでいます。インド政府の都市開発事業に関わるThe Town and Country Planning Organization (TCPO)は先ごろ、プネは3番目にスラム人口の多い町と発表しました。これは1番目のムンバイ(スラム人口比55%)、2番目のMeerut(メールト)(同44%)に続くものです。プネのスラム地域はすでにプネ市全体の土地面積の6%を占めているということです。

プネのスラム人口は近年急速に増加しています。1991年から176%も増えています。その要因は増え続ける移民にあるそうです。2006年だけでも、約8万8000人がプネへ移住してきたしたが、そのうち半分の4万5000人がスラムに住んでいるとのことです。

インドの中央政府も、マハーラシュトラ政府も毎年のようにスラム地域の再生のため予算を出しています。プネ市でも同様の目的で先週20億ルピーの拠出を決めたばかりです。

しかし、いくらスラムのために再生プランができて住居が提供できたとしても、すぐにまた新たな人が移ってきて、新しいスラムが作られるだろう、と考えている役人も多いそうです。

一方、スラムの人は違って考え方を持っているようです。物売りをしているNamdev Borhateさんはこう話します。

「スラムに住んでいるすべての人が、好き好んでスラムに住んでいるわけじゃありません。小さい住まいなら払えるだけの余裕はあるんです。ただ、町にはそんな住居がないんですよ」

【Times of India, Dec. 18】

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。



社会ニュース | 23:43:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。