CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ショッピングモールは新しい文化の「テーマパーク」
 今インドには、巨大なショッピングモールが林立している。今日訪れたのはデリー南郊にあるアンサム・プラザ。ここはインドのショッピングモールの先駆けとして2000年にスタートした。手がけるのはインド全土でビルや宅地開発を行っているアンサル不動産。この会社のスローガンは「新しい価値観やライフスタイルを創造・提供すること」である。そのスローガン通り、このショッピングモールのスタイル・商品は、今まで私たちがインドに持っているイメージを覆すものばかりだ。

mall2.jpg


 一言で言ってしまえば、先進国となんら変わりない。ナイキなど商品も質も価格も日本と変わらないものが並ぶ。マクドナルドやサブウェーが入り、巨大な駐車場が隣接する。

 日本人がここを訪れれば、日本と同じレベルのものが買えて安心するだろうが、感動はしないだろう。きっと「つまらない」とさえ感じるかもしれない。しかし、インド人にしてみれば、すべてが新しい概念なのである。スタートしたばかりの7年前なら、さらにショッキングだったに違いない。

 商品というのは、その利便性だけでなく、新しいイメージや生活スタイルを運ぶ。ここに来た人は、必要性からその商品を買うのではなく、それを買うことによって、新しい生活スタイルに参加したいと願うのだろう。そしてその生活スタイルとは、世界中を支配している欧米的なスタイルである。

 注目すべきは、このモールの構造である。中庭を囲んでビルが馬蹄形に建っている。中庭側にはほぼ完全にガラス張りになって、きれいな中庭と向こう側のモールが見える。一方、外側への風景は壁になっていて見えない。ここはまるでディズニーランドのような「テーマパーク」と呼ぶのにふさわしい。新しいライフスタイルという名のストーリーはこの敷地内に収められ、ごちゃごちゃした外界の姿は完全にシャットアウトされているのだ。観客はこの締め切られたテーマパークの中で、新しいライフスタイルを楽しむの。そしてここで商品を買うことによって、新しいストーリーの住人になることができるのだ。

mall1.jpg


 テレビや新聞の広告を見れば、そこには伝統的なインドのイメージは一掃されている。明るいきれいな部屋でソファーに座り、父親はやさしく、家庭に入り、子どもとたわむれる。女性はジーバンをはいて、経済新聞を読む。現に若い女性はジーパンとTシャツ姿というのが多い。

 これは中流以上の生活ではあるが、経済発展によって、中間層の人口は増えつつあり、今のインドを先導して変えているのは、この人たちなのである。今インドはいい意味でもわるい意味でも、急速に変化を遂げている。

 自分の活動に戻せば、大学で教える以上、教える対象は知識を持ったこの中間層以上だし、彼らの生活を知っておくことは大切になってくるだろう。

 今日、グローバリゼーションが問題になっている。しかし、グローバリゼーション自体が問題というわけではない。インドの初等教育ではじめて日本語の授業を採り入れたデリーのある私立学校の校長先生はこう話していた。

 「グローバリゼーションが問題なのは、その道が一つしかないということなのです。みんなが高い収入、いい家、いい車とばかり考えいます」

 ショッピングモールで見た「新しい」生活スタイルというのは、残念ながら、世界中で流行っている一つの道でしかない。

 日本も少なからず欧米の生活スタイルに染まっているわけではあるが、しかしながら、それでも日本は先進国の中で、唯一欧米文化から離れている国だ。多様な価値観が必要とされる今日、英語以外の日本語を勉強するというのは、ビジネス以上に大切なものを学習者にもたらすだろう。欧米と違った新しい生活スタイルをインドに提供できるかもしれない。インド人が、日本からだけでなくなく、さらにほかのいろんな国との交流を進めて、そこから良いところを採り入れて、個人個人が本当に新しい生活スタイルを独自に生み出し、追求していく──。それが文化交流の意義ではないだろうか。 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。


手記 | 21:48:45 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント

日本と変わらないんだ
あ、もうインドに行ってしまったのですね。おいらも「世界標準」と言う言葉はあまり好きではないんだよね、というかそれが適する分野と適さない分野があるような気がします。日本は欧米以外ではじめて経済大国になった国です。経済だけではない日本の役割の一端をけんちゃんに託します!
2007-10-13 土 19:04:03 | URL | LANI #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。