CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
はじめてのおかいもの
 朝4時に目がはっきり覚める。普段日本じゃあり得ないことだが、あとから考えれば時差によるものだろう。日本との時差3時間半。その後は一時間ごとに寝たり起きたり。

 午前中は病院へ行き、腸チフスの予防接種を受けに行く。中規模の病院だったが、受付の人から、担当の人に代わり、さらに他の人にたらい回しにされたあげく、事前に頼んでおいたワクチンがないようだった。結局用意がまったくできていなかったというのが現実なのだろうが、病院側はそれを隠して、「5分待て」とのこと。ここインドでは「5分が15分になる」と調整員の方が言っていたが、まさしくそんな感じで。最後は調整員が我慢できずに直接交渉に向かって、結局は成分は少し違うものの、信頼できるほかのワクチンを注射することで一件落着。こんな調子で今日のスケジュールに早速遅れが出てしまった。

 病院からJICAオフィスに向かう車の中で、こんな話を聞いた。昨日から何回か自ら体験したが、首都デリーでも、短時間の停電がよく起きる。それでパソコンをしていた場合、ノート型パソコンなら問題はないが、デスクトップで、急に電気が切れたら大変である。そこでインバータ(UPS)というものを使って、電気をそこに貯めておき、突然停電しても、電源が切れてデータを失うのを防ぐ、というものが売られているらしい。途上国としての顔と、IT先進国としての顔を併せ持つインドならではの品だと感心した。

 「大きいものが強いもの」──。と、これは何かといえば、インドの交通事情。別にインドだけではないが、とにかく歩行者優先・保護という概念はない。強い車は歩行者の横を文字通り紙一重で走り抜けていく。我が物顔で突っ走る車の間を人が絶妙のタイミングで潜り抜けていく。この国で道路の向こうのレストランに行きたければ、この「技」を身につけなければならない。現地訓練にはありがたいことに「歩行訓練」なるものがついていた。実際に町に出て、道を歩く。わざわざ夕方のラッシュの時間を選んで、車の多い通りを選んで、道を渡る。前後左右だけでなく、上下も含め文字通り四方八方に気を配られなければならない。

 歩行訓練を終えると、今日のオリエンテーションも終わり、ホテルへの帰途に着いた。昨日の別館から今日は本館の方に移れるはずだった。ところが、ホテル側は「もう一泊だけ別館に泊まってほしい」とのこと。「明日は絶対に大丈夫だから」とのこと。何か部屋に問題があるとのことだったが、詳しい理由は説明されなかった。調整員の方はかなりご立腹の様子だったが、自分としては「これがインドかぁ」という諦めというか納得という感じで、不思議と腹が立たなかった。

 腹が立ったのはその後だった。日本から電気機器を持ってきたが、電源プラグの形がインドのものと合わなくて使えなかったので、その変換プラグをホテル近くの小さな電気店へ買いに行った。狭い部屋でいかにも個人経営という感じの6畳ほどの面積。カウンター越しに店主に話しかけると、英語で無事何回かの会話の往復の末、無事変換プラグをゲット。小さく簡易的なものは20ルピー(約60円)で、アース付きで店主オススメ(笑)のものは50ルピー。しかし簡易のもので十分だったので、それに決定。しかし両替したばかりで大きい500ルピー札しか持っておらず、それで払うとかなりしぶい顔をされた。まあ気持ちはわからないでもない。とにかくはじめての買い物を無事に済ませられたことでほっとしてうれしい気持ちでホテルへ帰って、のちにポケットのお金を確認すると、440ルピーしかなかった。つまり20ルピーを買っておつりは480ルピーのはずなのに、40ルピー足りないのだ。おそらく騙されたのだろう。たぶん20ルピーという少ない買い物で500ルピー札なんか出して、しかも外国人だし... という結果なのだろう。相手も相手だが、おつりを確認しなかった自分にも十分落ち度はあるので、まあ、はじめての買い物だし、いい勉強になったということで、「勉強料」かな。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。


手記 | 22:25:42 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます 2007-09-29 Sat 18:56:27 |
PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。