CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
西向くサムライ VS こぶしのくるぶし
 今日は12月1日。11月31日ではありません。そうです。11月には31日がありません。一年には31日がある月とない月がありますが、どうやってみなさんは覚えているでしょうか。

 日本人なら「西向く侍、小の月」と覚えているの方も多いと思います。「ニ→2」「シ→4」「ム→6」「ク→9」となって最後のサムライは武士の「士」の字を使います。「十」と「一」なので11月となります。

 しかしこれは単なるゴロ合わせではなく、昔の武士の生活を表している言葉だそうです。武士がいた時代には、部屋の南側に廊下があり、北側に床の間がありました。そして東側を向いて寝ていました。こうすれば、寝たままでも、右利きなら利き手が自由で、すぐに刀に手が出せるからです。横向きに寝やすいように枕も高かったそうです。

 だから西を向いて寝るような武士はツキ(運)がない。ということで「ツキが少ない」、よって「西向く侍、小の月」となるわけです。

 と、今日は日本文化を紹介するためにこの文を書いているのではありません。実は先日の日本語の授業で、この覚え方をインド人の学生に紹介する直前に、「インドではどう覚えますか」と聞いてみたのです。

 そしたらびっくりの覚え方があったのです!

 それではみなさん、まずどちらかの手(とりあえず利き手じゃない方の手)を出して、その手を握ってこぶしを作ってみてください。そうするとくるぶしが4つ見えると思います。

nishimuku.jpg


 人差し指のくるぶしから「1」、次左にずれてくるぶしとくるぶしの間の谷を「2」、そして中指のくるぶしが「3」、というふうに小指まで行けば「7」になります。

 そして次はもう一度人差し指のくるぶしに戻って「8」、また順々に谷→山→谷→山、と数えていきます。

 するとどうでしょう? 谷になったところが「2,4,6,9,11」となります。谷は山より低いですから、数も少ないです。つまり31日がない月です。

 これぞインド版「西向く侍」です。

 こんなすごい覚え方を聞いてしまったので、日本の覚え方を紹介するのを少し躊躇してしまったくらいです(笑)
 
 みなさんもぜひお試しあれ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加してます! うわ~ びっくり!! って思ったら左のボタンをぽちっとクリック♪  励みになります★



手記 | 23:46:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。