CALENDER
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
10月 « 2008/11 » 12月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
プネは「7番目のメトロポリス」
rank_pune.jpg


 インドの大都市といえば、首都のデリーをはじめ、ムンバイ、チェンナイ、コルカタ、バンガロール、ハイデラバード。しかし最近のある調査によれば、プネも立派にこの「メトロポリス」の仲間入りを果たしたようです。

 さきごろ、インド商工会議所連合(ASSOCHAM)は『インドの7番目のメトロポリス』という調査を発表しました。

 これは、上に挙げた六大都市に続く、準大都市のプネ、アーメダバード、ラクノウ、チャンディガールを(1)社会インフラ、(2)インフラの利便性、(3)不動産の価格と利便性、(4)交通設備と交通網、(5)教育の質、(6)雇用機会、(7)金融サービス、(8)ビジネス環境という8つの項目でランク付けしたものです。

 この4都市を人口だけで見るとこうなります。(2008年予測)

 ・アーメダバード(386万人)
 ・プネ(323万人)
 ・ラクノウ(262万人)
 ・チャンディガール(100万人)

 調査の結果、プネは他の3都市に比べ、ほとんどの項目でトップを取り、「7番目のメトロポリス」に値すると評価されました。

 プネは特に教育の面で高く評価されたようです。9の大学と80-100の教育機関、そして6つの政府公認の研究所を有しています。

 (プネは80.73%という高い識字率を誇っていますが、チャンディガールはさらに1%高いそうです。)

 また雇用の項目でも他者を引き離しています。IT、製造業、エンジニアリング、そして教育の分野で雇用を創出しています。

 インフラの利便性でもプネはトップ。26の複合型施設・ショッピングモールと25の星付きホテルがあることでランクを押し上げました。

 逆にトップをとれなかった分野は交通、社会インフラ、そして金融サービスでした。

 プネには国際空港と3つの高速道路があるものの、鉄道の連絡(分岐点)がないため、評価を下げています。

 なお2番目はチャンディガール、そのあとアーメダバード、ラクノウと続いています。



●Pune set to become seventh member of metro club [Sakaal Times]
http://www.sakaaltimes.com/2008/10/31004015/Pune-set-to-become-seventh-mem.html

●Pune to become 7th Metro City in India : ASSOCHAM
http://www.assocham.org/prels/shownews.php?id=1745


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。



スポンサーサイト
社会ニュース | 23:21:41 | Trackback(0) | Comments(2)
PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。