CALENDER
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
06月 « 2008/07 » 08月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
灯油缶を巣箱に/植物園の鳥救済策
nest.jpg
 都市化で木々と棲家が減りつつあるプネの鳥たちに朗報です。Cantonment地区にあるEmpress Botanical Gardenでは、最近、変わった物で巣箱を提供しています。


 自然や鳥の愛好家たちは最近、この植物園に、廃物になるはずだった灯油缶や古いポスト、木の箱、壺といったものを持ち寄り、木にくくりつけ、巣箱としています。

 Empress Gardenを管理しているSuresh Pingleさんはこう話します。

 「Empress Botanical Gardenはプネでもっともすばらしい庭園です。40エーカーの土地には100年以上の木々に覆われています。この庭園には人工の排水溝があるのですが、ある日、そこにたくさんの鳥たちが集まっているのを見かけました。それで人工的なもので巣を作って、鳥がもっと集まれるようにしたいと思ったのです」

 現在500ほどの「巣箱」がすでに設置され、九官鳥、オウム、小型のフクロウ、ハトなどが利用しているのが見られるそうです。

 鳥類の専門家も、こうした廃物であっても、直射日光や雨風を防げるような適当な場所に設置すれば、鳥たちは安心し、棲家にできると考えています。

 鳥類学者のSatyasheel Naikさんは「古い木は切り倒され、新しい木々がまだ育っていない今、こうした人工的な巣は役に立つでしょう」と語っています。

 Empress Botanical Gardenは1830年に作られ、プネで最も美しい庭園の一つといわれ、子供から大人まで楽しめる憩いの地となっています。場所はCampエリアのPrince of Wales Driveで、Race Courseの近くです。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。

●Special Homes For Birds! [ANI]
http://living.oneindia.in/home-n-garden/pet-care/2008/Birds-artificial-nesting-290708.html

スポンサーサイト
社会ニュース | 22:36:05 | Trackback(0) | Comments(3)
PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。