CALENDER
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10月 « 2007/11 » 12月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
11,12月は結婚ラッシュ/都市化と変化する挙式スタイル
 欧米では、June Brideといって6月に結婚すると幸せになれるという文化がありますが、ここヒンドゥー教では占星学的に11月と12月が結婚に適しているそうです。

 数多くの有名人が足を運ぶプネの占星術師、Anand Soniさんによれば、11月中旬から12月中旬にかけて1200組以上のカップルが結婚をするだろうといいます。

 「中でも最も幸運なのは、11月24日(PM11:13)と25日(AM4:15)です。木星と金星の位置が最高なんです。とくに金星を表すビーナス神は、結婚と愛の象徴です。この木星と金星の良い位置関係は4月まで続きます」

 プネのChatsushrungiにある結婚式場Indraprastha Hallでは、結婚式用のホールが2つ、経済的なものと豪華なものとありますが、そのどちらもが今までのところ、すべて予約済みとのことです。同式場の経営者Nitin Angalさんは「この結婚シーズンにもう80件もの予約があります。毎日少なくても2つのホールのどちらかで結婚式が行われる計算です。シーズンは1月続きますから、まだまだ予約は増えるでしょうね」と話しています。

 しかしプネの都会化が進むにつれて、核家族化になったり、生活が忙しくなったりして、これから結婚式を挙げようとするカップルやその家族は、結婚式にゆっくり時間をかけるのが難しくなってきました。このためにウェデング・マネージメントやウェデング・プランニングといったところに市場ができてきました。プネにはウェデング・プランニング会社が約10あり、結婚式も扱うイベント会社も同じ数くらいあるとのことです。

 ウェデング・マネージメント会社Event TailorsのCEO、Rajesh Mehtaさんによれば、「テーマ結婚式」や「出張結婚式」も人気とのことです。

 「MahabaleshwarやGoaといったところで結婚式を挙げたいという顧客も多いです。それからラジャスタン・スタイル、アラブ・スタイル、オリエンタル・スタイルといったテーマで行う結婚式も人気です」

 経済の発展と収入の増加にともなって、結婚式に100万~1000万ルピー(約300万円~3000万円)をかける例も少なくないそうです。またプネでは、大金をはたいて、結婚式に有名人を招待したりすることもあるそうです。

【Times of India, Nov. 23】

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。


スポンサーサイト
社会ニュース | 13:08:24 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。