CALENDER
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
生徒一人にノートPC一台を/プネの学校で
LaptopOLPC_a.jpg


 さて、しばらくご無沙汰してしまいました。

 実は食中毒、胆石、肝機能障害などを連発して、日本に帰国していました。ようやく先日プネに帰還しました。またこれからもがんばっていきますので、よろしくお願いします。




 さて、今日の話題は「One Laptop Per Child(OLPC)」プロジェクト。見出しにあるように「生徒一人にノートPC一台を」という意味です。

 このOLPCというのは、アメリカのマサチューセッツ工科大学のNPOで、世界中の、特に開発途上国の子供たちに革新的な教育手段を提供する目的で活動しています。そしてOLPCといえば、俗に「100ドルパソコン」といわれるラップトップパソコン「XO」を開発したことで有名です。

 あくまでも教育目的で開発され、一般には販売されていないのですが、最新の技術を惜しみなく導入し、OSも独自のものを使い、デザインも革新的です。

 これを生徒一人(と教師)に一台ずつ提供するわけです。このプロジェクトは今では世界中に広がりを見せ、インドでは2007年にマハラシュトラ州のKarjatではじめて導入されました。その後バンガロール、ナシークなどで成功を収め、ついにプネにもやってきた、ということです。

 OLPC Pune Groupは今年2月14日にスタートしたばかり。プネ市内のIT系の学生ボランティア20人が集まり、現在はXOパソコンのローカル化を行っています。

 しかし当面の課題はスポンサー探し。最初のターゲットとなっている小学校では74人の生徒と1人の教師のために75台のパソコンが必要なんですが、今年6月までに15台しか準備できないそうです。もし今後スポンサーが十分に現れれば、今年中にも75台すべてを提供できるとの見通し。

 スポンサーが負担するのはパソコンの機体のコストのみ。その他のソフトウェアのデザインやアップグレード、メンテナンスなどはOLPC側が無料で行うそうです。

 なお、OLPCではウェブ上でいつでも寄付を受け付けています。ただ、プネのプロジェクトに直接援助できるかはわかりません。


●One laptop per child scheme comes to Pune
http://timesofindia.indiatimes.com/Pune/One-laptop-per-child-scheme-comes-to-Pune/articleshow/4331840.cms

●OLPC・公式ページ
http://laptop.org/

●OLPC-Pune
http://wiki.laptop.org/go/OLPC_Pune

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加してます! 素敵なニュースだなって思ったら左のボタンをぽちっとクリック♪  励みになります★


スポンサーサイト
教育関連ニュース | 13:15:39 | Trackback(0) | Comments(4)
プネ大学、海外にキャンパス
プネ大学はインドの国立大学の中でははじめて海外にキャンパスを開設することになりました。

UAE(アラブ首長国連邦)のドバイに30のコースを設置し、この6月にも正式に承認され、授業も始まるとのことです。同キャンパスの初期予算は6億ルピーといわれています。

今までインドではムンバイの大学であるSP Jain Institute of ManagementとBITS Pilaniは海外にキャンパスを置いたことはあるものの、国立大学でははじめて。

プネ大学ではこれまでUAEの学生に対し、インドの大学に入るために必要な基本的な英語、数学、歴史などといった知識を学ぶ1年間のコースを開いてきた実績もあります。

ドバイ・キャンパスはプネ・キャンパスと同じような学習環境をそろえ、国際的なスタンダードを満たすることを目標にしています。芸術、商業、科学、経営学、防衛学など30のコースが用意されています。

プネ大学は海外への進出、提携などを視野に入れ、現在、同大学の校長は日本を訪問中とのことです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。


●University of Pune to set up campus abroad [Business Standard]
http://www.business-standard.com/common/news_article.php?autono=315054&leftnm=6&subLeft=0&chkFlg=

教育関連ニュース | 19:22:05 | Trackback(0) | Comments(0)
オックスフォード大学、プネにMBAコース開設へ
教育の町として有名なプネは留学生も多く、「東のオックスフォード」とか「インドのオックスフォード」と言われてきましたが、なんと本物のオックスフォード大学がプネにやってくるようです。

オックスフォード大学のJohn Hood(実質的)学長は21日月曜日、プネ地区のラバサ(Lavasa)に、同大学のビジネスコースに所属するOxford University India Business Centre (OUIBC)を設置すると発表しました。

OUIBCではまた企業経営のマネージメントプログラムを開設し、教授陣もイギリスから招きます。

オックスフォード大学が海外に施設を置くのは800年の歴史の中ではじめてとのことです。

しかしながら、このラバサのビジネスセンターの主要目的は、最近の急速に発展を遂げているインドビジネスについて研究することです。

学長は「このような研究をすることで、インドがこれまで成し遂げた革新と、直面している問題を明確に理解することができます。また、インドと似たような発展を目指そうとしている他の国々にとっても役に立つでしょう」と語りました。

さらに2009年からは、同大学のメインキャンパスでは、インド学の修士コースを開設するとも発表しました。インドの政治、経済、開発、国際関係、近代インドの課題などを社会科学として学びます。

現在、同大学には260人のインドの学生がいますが、さらにインドから学生を呼び込むため、今後さらに奨学金を増やしたいということです。

oxford.jpg
【オックスフォード大学でMBAを学ぶインドの学生たち】

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。

●Get Oxford degree in Pune [Times of India]
http://timesofindia.indiatimes.com/articleshow/2719605.cms

●Oxford set to learn from India [Oxford University]
http://www.ox.ac.uk/media/news_stories/2008/080121a.html

教育関連ニュース | 23:15:06 | Trackback(0) | Comments(0)
ハード・ソフト両面で悩むプネの公立学校
 最近の調査によると、プネの公立学校では学校の施設やインフラといったハード面ばかりでなく、その教育の質においても問題を抱えていることが具体的な数字で明らかになりました。

 まず、プネの公立学校は全部で302校。このうちマラーティー語で授業をしている学校は最も多く244校。次に多いのはウルドゥー語の31校。続いて英語が24校、カンナダ語が2校、グジャラート語が1校となっています。

 この302校のうち、44校では合計で187のトイレが不足しています。また20校で148の教室が不足しています。7校には校庭がなく、14校では水不足に直面しています。そして98の教室には電気がないということでした

 しかし最大の悩みは多くの生徒が学校を中退してしまうことです。昨年、プネの公立小学校では10人に一人が、そして中学校では4人に一人が中退したそうです。

 その理由はというと、まず一番多いのが「家庭の仕事を手伝うため(829人)」で、次は「生計を立てるため(635人)」となっていて、どちらも経済的理由に関係するものでした。次は「引越し・移住のため(509人)」。

 次に続くのは「興味がなくなったため(427人)」ということで、これは教育・授業の質と関係があることです。

 続いて「学校へのアクセスが悪いため(419人)」、「学業についていけないため(259人)」となっています。

 公立学校の問題に取り組んでいるソーシャルワーカーでAction for Rights of Child (ARC)とも協力して活動するJyotika Valeさんは、 多くのプネの公立学校を視察しました。

 Valeさんは「中退する生徒が多いため、減った数に応じて教師も解雇され、残った教師が複数のクラスを担当しています。こういった状況では教育の質もよくなりません。」と語っています。また彼女は「私立よりも公立の学校のほうが、より注目されなければなりません。なぜなら、公立学校の生徒の多くはスラムから来ていて、親も教育に対して熱心ではありませんから」と指摘しています。

 BJP(インド人民党)のメンバーで公立学校の問題に深く関わっているJyotsna Sardeshpandeさんは、インフラの不足ももちろん問題ですが、もっと大切なのは教育の質だと主張しています。

 「もちろん現場の教師は一生懸命にがんばっています。しかし教育委員会や、特に教師は、生徒を学校に留めておくためにもっと努力が必要です。授業をもっと魅力的にして、生徒が喜んで学校へ来るようにしなければなりません。そうしなければ、スラムなどから来た生徒は、児童労働といった他の活動に誘惑されてしまいます」

 授業の質を高めるために、今後評判の高い私立学校と連携してワークショップなどを開く予定とのことです。

【Times of India, Nov. 23】

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。



教育関連ニュース | 13:04:40 | Trackback(0) | Comments(0)
プネ大学、5億ルピーで模様替えへ
 プネ大学は今後2年間で、5億ルピーをかけて、166ヘクタールのキャンパスを全面的に模様替えします。

 プネ大学は1948年に、かつて統治していたの英国の総督の住居をそのまま使って始まりました。そしてその後いろいろな施設を加えていきました。その建物は歴史的価値があり、敷地の自然は生態的価値もあり、同大学はプネの代表的な観光名所ともなっています。

 まずはじめに、メインビルディングの改修をして、6000万ルピーかけて、工事は2008年12月までに完了する計画です。

main_campus.jpg

【メインビルディングの写真】

 商学部と法学部には新しくビルディングを建造します。また、キャンパス内に、公衆トイレ、水飲み場、噴水、人口湖も作る予定です。道路は景色がよくなるようにして、生態系に配慮した植物を植えたりもするそうです。

【Times of India, Nov. 17】

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。


教育関連ニュース | 23:37:31 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。