CALENDER
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10月 « 2017/11 » 12月
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ムンバイの同時テロ対策/プネでも厳戒な警備
 ムンバイ同時テロを受け、200キロ離れたプネでも同日市内各所で厳戒態勢が敷かれました。またプネからは歩兵隊3隊250人が対テロリスト任務に参加するため、ムンバイに向かいました。

 事件発生の水曜日の深夜には市内すべての警察署・交番に指令が行き渡りました。8000人以上の警察隊が出動し、鉄道の駅、長距離バスターミナル、ショッピングモール、宗教施設、主要な病院や交差点などに配置されました。

 プネ空港でもセキュリティが厳しくされました。同空港は空軍の敷地内にあり、空港の警備は軍隊によって行われています。幸い運行は順調で、遅れは何便か出ましたが、それはセキュリティのためではなく、テクニカルな問題によるものだったそうです。

 ムンバイテロでは同市の有名なホテルや建物が標的になったことから、プネの観光名所であるオショー・アシュラム、シャニワールワダ(土曜宮殿)、アガカーン宮殿、そして五つ星ホテルでは特に厳戒な警備が敷かれました。
 
 ホテルでは金属探知機やX線による荷物検査も行われました。プネで最も古い五つ星ホテルTaj Blue Diamondでは、敷地の入り口に柵を置き、ホテルの建物に入る場合は、名前と入る目的を聞かれました。ホテル内のビジネスは通常に行われた様子でしたが、ロビーには不安そうな雰囲気が漂っていたとのことです。

 市内の学校は休みになり、民間の企業も休みにするところが多かったそうです。私も木曜日朝7時半から授業があり、学生も授業に来ていましたが、授業は休講にして、全員帰らせました。

 学生の一人は「今までのインドのテロの中で一番ひどいと思います」と話していました。

 ただ執筆現在の金曜日は、警備体制は続いているものの、一般の人たちの生活は通常に戻ったようです。授業も今日はきちんとしました。


 さて、最後は余談ですが、今日の日本語の授業では3人のグループに分かれ、1ルピーコインを2枚ずつ用意して、だれがそのお金をもらうかを話し合う、という活動をしました。2人が1ルピーずつもらってもいいし、1人が2ルピーもらってもいいんですが、制限時間は5分間。もし5分経っても、決まらなかったら「私(先生)がお金をもらう」(笑)というルールです。だから競争しながらも、同時に妥協も必要になってきます。

 初級のクラスでしたが、みな真剣に取り組んでいて、話し合いというより激論になっていました。。。 
 結局どのグループもきちんと決めることができたのですが、あるグループでは一人が2ルピーもらっていました。その理由はというと、「私はムンバイに両親がいます。昨日ムンバイで爆発がありましたから、両親に電話をしたいです」ということでした。




●Security beefed up in city [Times of India]
http://timesofindia.indiatimes.com/Cities/Pune/Security_beefed_up_in_city/articleshow/3766869.cms

●250 armymen sent from Pune to Mumbai [Times of India]
http://timesofindia.indiatimes.com/Pune/250_armymen_sent_from_Pune_to_Mumbai/articleshow/3766876.cms

●Security beefed up at Pune airport [Times of India]
http://timesofindia.indiatimes.com/Pune/Security_beefed_up_at_Pune_airport/articleshow/3766868.cms

●Hotels tighten security [Times of India]
http://timesofindia.indiatimes.com/Cities/Pune/Hotels_tighten_security/articleshow/3766877.cms


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。



スポンサーサイト
治安・安全情報 | 23:30:19 | Trackback(0) | Comments(0)
プネ初の女性用心棒
punepub.jpg

 プネのとあるパブのダンスフロアー。1人の女性が、秩序を乱す厄介者がいないが見張っています。彼女の名前はメーナ・マンサさん。プネではじめての女性用心棒です。

 「女性たちにちょっかいを出す男性がいないかを見張ること、それが私の仕事です」と彼女は話します。

 若者が多く活気のあるプネでは、学生も若い会社員も、みんなパーティーが大好きです。しかしパーティーの大騒ぎの中で治安を守るのは、がたいのいい男だけではありません。メーナさんのような女性もパブやバーなどで警備にあたっているのです。

 女性の「用心棒」たちは、コミュニケーション能力が高く、より建設的な話し合いをして、争いごとを治めるのに長けているそうです。そして時には男性と同様に強硬手段をとることもあります。

 「女性客のボディーチェックをしたり、ハンドバックの中身を調べたり、女性のちょっとした言い争いを鎮めたりするとき、男性ではやりにくい、ということがあります。しかし女性の用心棒なら、それが楽にできるのです」

 と、バーのオーナーであるTehseen Poonawalaさんは話します。

 Sharp Edge Security Servicesという警備会社のオーナーであるSameer Khanさんは、このような新しい女性の用心棒を育成しています。

 「今では、ナイトクラブやバーに来る女の子も多くなりました。それなら当然女性の用心棒も必要でしょう。こうした仕事に対して今多くの申し込みが女性から来ているんですよ。」

 そしてお客の方も新しい用心棒を歓迎しているようです。あるダンスクラブに来ていた男の子は、
 「女性の用心棒がいれば、女の子でも安心して相談できるし、より安全だと思います」

 女の子も「何か問題があったら、気軽に話しかけられるのがいいですね」と肯定的に考えているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。

●Pune gets its first woman bouncer [NDTV.com]
http://www.ndtv.com/convergence/ndtv/story.aspx?id=NEWEN20080044378&ch=3/18/2008%208:38:00%20PM



治安・安全情報 | 22:41:00 | Trackback(0) | Comments(0)
多くの殺人の背後に「不倫」/プネ警察報告
殺人事件で最も多い原因は「不倫」──。プネ地方警察のAshok Morale警視は12日、同地区の殺人、暴動、傷害事件の調査研究の結果を発表しました。

この調査は、今年1月から10月までの期間について行われ、199件の殺人、482件の傷害事件、そして192件の暴動が記録されました。

殺人事件のうち35%は不倫が原因で最も多く、次いで多かったのは農地を巡る争い(20%)。

暴動事件では政治的原因(35%)が最も多く、古くからの対立(20%)、土地紛争(10%以下)と続いています。

傷害事件については、些細なことが原因となっている場合がほとんどで、計画的な犯行ではなく、牛や山羊などの動物や水、そしてお金を巡ってけんかになっています。

特徴的なのは、「不倫」が原因の殺人事件の中でも90%は、被害者が結婚したばかりの女性で、夫やその家族に殺されています。一方、男性が女性の家族に殺されるケースは稀とのことです。

またすべての殺人事件のおいて、棒切れや石が主要な凶器となっているそうです。

この研究は今後、同じような事件を防いだり、最小限にとどめるために行われたものです。
当局は報告の中で、「女性である被害者は、殺人が起きる前の、被害やいやがらせを警察に訴えていますが、しかし現場の警察はきちんと対処できていない」と反省しています。

また不倫が原因の殺人について、「これらは社会的な文化に根付いた犯罪です。だから、警察はそれらを完全に止めることはできませんが、少なくても最小限に食い止めることはできるはずです。現場の警官たちもこうした事件にもっと敏感になっていかなればなりません」と語っています。

【Times of India, Nov. 13】

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。


治安・安全情報 | 01:34:17 | Trackback(0) | Comments(0)
インドでも生態認証ATM/既存のものに組み込むだけ

日本でも最近普及しつつある生態認証のATMですが、インドでも普及への道を進もうとしています。

もともとソフト開発会社だったAxis Softwareは、近年インドで生態認識のATMの製造をスタートしました。現在は公的な銀行を対象にGujaratで20台の生態認識ATMを設置しています。

Axis Softwareでは今後6~8ヶ月のうちにプネにATM製造施設を稼動し、年間1万5000台を製造する予定です。同社では来年度に、プネの研究施設と製造施設に7億ルピー(約20億円)を投入する計画です。同社はまた既存の普通のATMを生態認証ATMに変えることができる組み込み式の小型装置も製造しています。Axis SoftwareのCEOであるAbhay Khinvasaraさんはこう話します。



「現在、銀行や売店のATM市場は80億~100億ドルで、そのうちもっとも大きい市場がアジア太平洋地域です。今後2年でインド国内で販売されるATMは1万5000台近くになると見込まれています。しかし私たちの販売先の中でインド国内向けはわずか20%だけです。

主にインドとアフリカ地域を市場にターゲットにしています。既存のATMに追加で装置を組み込むだけですから。また、世界中の銀行のない農村地域をターゲットに、軽量の携帯ATMも開発しました。すでにいくつかの注文をアフリカから取り付けています」


Axis Softwareではまた、今までのATMより25%安くなるというLinuxをベースにしたATMの開発にも取り組んでいるそうです。

●Now, biometric ATMs to keep your money safe
http://economictimes.indiatimes.com/Now_biometric_ATMs_to_keep_your_money_safe/articleshow/2282052.cms

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。


治安・安全情報 | 22:08:58 | Trackback(0) | Comments(0)
プネの経済成長率、中国に追いつく/課題はインフラ投資
traffic.jpg

プネ市によると、プネの経済成長率は年10%で、中国に追いつく勢いとのことです。またプネでの投資は年1000億ルピー(約2900億円)にも上るそうです。

しかし、中国では公共事業の投資のほうが民間投資より多いのですが、これはプネとはまったく逆の状況です。プネでは急速な経済発展と公的投資との間にギャップがあります。

市の行政担当のPravinsinh Pardeshiは:

「プネの投資は年1000億ルピーにもなるのに、このうち公共のインフラに対する投資はわずか50億ルピーしかありません。このために交通機関、道路、水不足といったすべての公共に関わる問題を引き起こす原因となっています」

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ←ランキングに参加しています。役に立ったと思ったらクリック! 励みになります。

●Pune's growth rate at par with China
http://timesofindia.indiatimes.com/Pune/Punes_growth_rate_at_par_with_China/articleshow/2263973.cms

治安・安全情報 | 22:29:41 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
PROFILE

Ken-chan

  • author: Ken-chan
  • 2007年9月からインドのプネで青年海外協力隊として日本語教師をしています。チキンビリヤーニが大好き! プネの素敵なニュースや出来事、とりあげてほしいことがあったら、ぜひ教えてください。相互リンクも大歓迎♪
    gmail_image2.gif





    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
    ←ランキングに参加してます! ブログを読んでインドって素敵だなって思ったらボタンをぽちっとクリック★ 励みになります♪

    ">banner_13.gif






    カウントダウンタイマー
    クリックで救える命がある。
  • RSS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH BOX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。